河本清順はシネマ尾道を立ち上げた支配人!気になる経歴や結婚してるかを調査! 

映画館

2020年9月29日のセブンルール

映画館シネマ尾道支配人の河本清順さんが出演されます!

 
河本さんは映画の街と言われる尾道の
唯一の映画館の支配人をされている方で、
映画人がその目利きを認める人だということなんですが、
いったいどんな人なんでしょうか?
 
どういった経緯で支配人になったの?
 
結婚はしている?
 
いろいろと気になったので調べてみました。
 
 

河本清順さんの経歴

河本清順

http://www.tetsudo-ad.co.jp/lp/#voice

河本清順(かわもと せいじゅん)さんは、
1977年生まれで、今年43歳になる方ですね。
広島県尾道市の出身です。
 
「清順」という名前は、河本さんのお祖父さんが大好きだったという
映画監督の鈴木清順さんから名前を取ってつけられたんだそう。
 
はからずも、文字通り「生れながら」にして
映画とのかかわりが深い人なんですね。
 
映画の関わりが深い故か、幼いころから映画を観て育ったようです。
 
 
河本さんは小学校、中学校の情報は公開されていないですが、
尾道市内の高校を卒業され、
京都の服飾系の専門学校に通われていました。
 
専門学校卒業後は、京都でアパレル企業に勤めていたそうです。
 
その後、お母さんが尾道で焼き肉店を始めたそうで、
お姉さんと一緒にこの焼き肉店の経営に携わっていたみたいですね。
 
19歳から36歳まで働いていた、
というからかなり人気のある焼き肉店になっていたんでしょう。
 
 
 
転機となったのは、2001年、河本さんが20代の頃
尾道にある最後の映画館「尾道松竹」が閉館されることになったようで、
その閉館を目の当たりにして、河本さんは、
 
映画の街なのに映画館がないのは寂しいよね。
尾道に映画館、なんとか作れんかねぇ
 
と映画好きの友人に声をかけたのが
このミニシアターである「シネマ尾道」誕生のきっかけとなったようです。
 
やはり生粋の映画好きとしては、やりきれない思いを持ったんでしょうね。
 
映画館復活にかかる建設費は2700万円にも上ったそうですが、
一からNPO法人を立ち上げ、4年がかりで、
ノウハウや数千万円の資金を集め、
「尾道松竹」の跡地に座席数112席の新たなミニシアターを誕生させました。
素晴らしい行動力ですね。
 
今では、365日、一日も休まずに上映を続ける熱い想いに、
地元の住民だけではなく、俳優の佐野史郎さんや井浦新さん
絶賛しています。
 
コロナ禍により、映画業界も影響を受けましたが、
河本さんは
 
(普段から)自転車操業で、コロナになっても大変がちょっと増えただけ。
そこでヤバいんではなくて、いつもヤバいので
 
と、笑い飛ばす豪快さも持ち合わせているようですね。
 
情熱と豪快な魅力的な人間性。
 
こんな人が支配人をしている映画館がはやらないわけが無いですよね。
 
 

シネマ尾道とは

シネマ尾道

https://movie.goo.ne.jp/archives/137

古くから映画の街として知られる尾道。
 
小津安二郎監督の『東京物語』や大林宣彦監督による『尾道三部作』など、数々の映画の舞台となってきたので、
映画好きの人には聖地として認識されることも多いようですね。
 
しかし、全盛期には11あった市内の映画館は時代の流れとともに
その数を減らし、
約20年前、とうとう全てが姿を消したんですが、
そんな尾道に、河本清順さんが復活させた映画館がこの「シネマ尾道」です。
 
座席数112席のミニシアター系なので、大きな映画館ではないですが、
ワークショップなども開催されて、
地域の活性化には一役買っているようです。
 
このシネマ尾道の顔とも言うべき一際目立つ看板ですが、
2008年の開館当時はありませんでした。
 
大林宣彦監督作品「花筐(はながたみ)」に出演した俳優の満島真之介さんと
呉市出身の絵本作家、長田真作さんが尾道を訪れ、
地元児童らと一緒に作ったんだそうですよ。
 
河本さんは駅から近いこの映画館の看板は、
まさに地域の「顔」になるので
作成には本当に慎重だったようですが、
満島さんたちの「ぼくたちに作らせてほしい」という熱意に負け、
作ってもらったようです。
 
道の中の赤と青の色付けを、
地元の子ども達とつけていったようです。
 
そこまで惚れこませることもスゴイですよね。
 
 
河本さんは今ではとても気に入ってるみたいですね。
 
 
経営的には厳しいようですが、早く立て直して、
映画の街である尾道の不動の顔になってほしいですね。
 
 
 

河本清順さんは結婚していた?

河本清順さんの結婚についての詳しい情報は、
公開されていませんでしたが、
今年の5月に結婚されたようですね!
 
河本さんいわく、優しい夫のようで、
映画館と一緒に結婚した、ということですね。
 
お二人で好きなワインを飲むことが、
365日休まず営業する原動力になっているようです。
 
仲の良いご夫婦ですね!
 
お子さんについての情報はないですが、
年齢的にいらっしゃらない可能性が高いです。
 
また、何か公開情報があれば当ブログでお知らせしていきます。
 
 

まとめ

今回は、河本清順さんについて調べてきましたが、
いかがだったでしょうか。
 
情熱と豪快さで、映画の街の映画館を復活させた、
とても熱い人だということがわかりました。
 
そんな河本さんだからこそ、
映画人にも信頼される人になれるのでしょうね。
 
シネマ尾道の経営はまだまだ危ない状況のようですが、
きっと今後も復活してくれるでしょう。
 
今後の活躍に期待したいですね!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 

中野正貴(写真家)の気になる経歴!家族はいる?年収もあわせて調査!

2020年9月27日の「情熱大陸」写真家の中野正貴さんが出演されます!
 
独自の視点で約30年も東京を撮り続けているという写真家の方ですが、
いったいどんな人なんでしょうか?
 
どんな写真を撮るの?
 
家族はいる??
 
年収はどれくらい??
 
いろいろと気になったので調べてみました。
 
 

中野正貴さんの経歴

中野正貴

https://twitter.com/tokyophotoex

中野正貴(なかの まさたか)さんは、
1955年8月2日生まれの今年65歳の方ですね。
福岡県で生まれましたが、1956年から現在まで東京在住です。
 
小学校から高校までの情報は公開されていないようで
詳しい情報はありませんでした。
 
ただ、写真家としての経歴から、
東京という地に根差した生活をされてきたのでしょうね。
 
1979年、23歳の頃に武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科
卒業されています。
 
卒業後は写真家の秋元茂さんに師事しています。
 
社会人になる前から写真家としての道を選んでいたのでしょうね。
 
1980年に写真家として独立しました。
修行期間は約10年ですね。
なかなかの長期間ですが、
それだけたくさんの経験をされてきたことがわかります。
 
独立してからは雑誌表紙や各種広告撮影を手掛けるようになりました。
独立前からの行動で良い経験や人脈が築かれていたことがわかりますね。
 
2001年に写真集「TOKYO NOBODY」を発表し、
日本写真協会賞新人賞を受賞します。
中野正貴2

https://www.book-komiyama.co.jp/booklist_detail.php?item_id=81892

この写真集は、誰もいない東京の街、水辺から見上げた東京、
窓から見た生活の中にある東京などを写し出しています。
そして、それぞれの作品は、不思議と見る者の想像力を
掻き立てるものとなっているんですね。
 
 
この写真集で、中野正貴さんは一躍有名になったので、
確実に大きな転機だったと言えるでしょう。
 
このような写真集を撮りたいと思ったのは
単に人のいない東京を観てみたかったから。
 
人の少なくなる1月やゴールデンウィークの期間に撮影されたようで、
撮影期間は10年から11年と言われていて、
映画や文学にも影響を与えました。
スゴイですね・・・。
 
2005年、写真集「東京窓景」で第30回木村伊兵衛写真賞を受賞
中野正貴3

https://artunlimited.stores.jp/items/5ece034c55fa0357cc53ee91

この写真集では、建物の窓から東京の特徴を捉えています。
目の付け所が素晴らしいですよね。
中野さんが49歳で受賞したことにより、最年長受賞者となりました。
 
2008年には「MY LOST AMERICA」でさがみはら写真賞を受賞しています。
 
そして、2019年、東京都写真美術館で大型写真展「東京」を開催しました。
 
コンスタントに写真集を出され、写真展も開かれていますね。
 
 
2001年に出した写真集「TOKYO NOBODY」では、
誰も見たいことのない東京の姿で、
誰もいない東京の街を写し出しましたが、
それらの写真が2020年、猛威を振るうコロナウィルスによって
現実のものとなってしまいました。
 
街からは人の姿が無くなり、
テレワークにより窓から眺めるしかない外の景色・・・。
中野さんは、そんな状況から、
写真には不思議な力がある、何故か予言の書のようになってしまった」と
おっしゃっています。
 
 
2020年、今年に入ってからも、中野さんは、主流のデジタルカメラではなく
大判と言われる大きなカメラを担いで、
 
この中に風景を閉じ込める。そして、どこを見るかはその人に委ねる
 
という想いを胸に、変わらずに不思議な力がある観る者を
惹きつける写真を撮るためシャッターを切っています。
 
 

中野正貴さんの家族はどんな人たち?

中野正貴さんは結婚されているのか、ということを
調査してみましたが、詳細な公開情報はありませんでした。
 
また、子どもや家族についても調査してみましたが、
こちらも公開情報はなく、
どのような家族がいらっしゃるのか、
お子さんがいるのかも判明しませんでした。
 
写真家として有名ではありますが、
SNSなども個人的なアカウントは無く、
代表となっている写真事務所のアカウントのみがあり、
個人的な情報の開示はありませんでした。
 
業界的に有名とはいえ、
一般の方ではありますので、公開情報が少ないのは
仕方ないかもしれませんね。
 
今後、もし詳細な情報が公開されましたら、
当ブログでお伝えしていきます。
 

中野正貴さんの年収は?

カメラマンの平均年収は300万円後半程度のようです。
けっこう低いですね・・・。
 
ただ、有名な写真家の年収は、
2000万円程度と、全く天と地の差があります。
 
このことから、写真家として有名な中野正貴さんの年収は
1000万円以上あるのではないかと、予想されます。
 
さすが、有名な写真集も何冊も発表されていますし、
賞も受賞されている方ですので、
経済的なところは、
普通の写真家と比べると高くはなるでしょうね。
 
 
 

まとめ

今回は写真家の中野正貴さんについて調査してきましたが、
いかがだったでしょうか。
 
独自の視点で東京という地を撮り続けてきた
中野さんは、個人的な情報が無く残念でしたが、
それにも増して素晴らしい写真をたくさん世に出されているんだ
ということがよくわかりました。
 
これからも魅力的な写真をたくさん見せてくれることでしょう。
 
今後の活躍に期待したいですね!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
 
 

草開千仁(ウェザーニューズ社長)の経歴が気になる!結婚や子どもについても調査!

2020年9月24日のカンブリア宮殿

ウェザーニューズ社長の草開千仁さんが出演されます!

 

ウェザーニューズは、世界を舞台に天気をビジネスにした

世界最大級の民間気象会社として有名ですが、
その会社の代表取締役社長となる草開さんとは、
一体どんな経歴の人なんでしょうか?

 

結婚は?

 

子どもはいるの?

 

など、いろいろと気になったので調べてみました。


草開千仁さんの経歴

草開千仁

http://kigyoka.com/news/magazine/magazine_20141104_4.html

草開千仁(くさびらき ちひと)さんは、

1965年3月18日生まれの今年で55歳の方ですね。
東京都の出身です。

 

草開さんとは、珍しい苗字ですよね。
大阪のほうで多い苗字らしいですが、全国で450人程度いる、とのこと。
他に富山、北海道、東京にいらっしゃるそうですね。

管理人の周囲ではお目にかかったことはないです。

 

草開さんは、有名な会社の社長ですが、
一般の方なので、プライベートの情報、
特に高校以前の情報がまったくありません。

 

東京都のご出身のようですので、
都内の高校に通っていたかもしれませんが、
それもまた推測となります。

 

大学は、青山大学理工学部を卒業されたようです。

気象会社の代表だけあって、
やはり理系のご出身なんですね。

 

青山大学を卒業されて、
1987年4月に、ウェザーニューズに入社されました。
入社の年からして、新卒で入られたんですね。

ちなみに、このとき、新卒採用1期生だったようです。

それから、ウェザーニューズの中で出世されてきました。

 

1993年には営業本部CSS事業部長に就いていますので、
入社から6年で事業部の部長まで昇りつめていますね。
このことからも、草開さんが優秀だったことが事分かります。

同じ1993年に営業総本部航空事業部長に就任。
3か月でさらに上に行くなんてすごいですね。


1996年6月には防災・航空事業本部長。

そして、同年8月に取締役に就任。
ここから、ウェザーニューズの経営層に入ってきます。


翌年の1997年8月には常務取締役に。
取締役の中でも、さらに位が高くなってますね。


1999年8月には代表取締役副社長に就任します。
取締役に就任してからたった3年でここまでになるとは素晴らしいです。


そして、2006年に代表取締役社長となり、
2016年には代表取締役社長最高経営責任者となって、
現在に至ります。


ここまで見てくるとわかるとおり、
ウェザーニューズ以外の会社に行かれたことはないんですね。

 

もちろん、凄腕の経営者の方が、
みんないろいろな会社を経営されてきた、とは言えませんが、
1つの会社で経営されてきた人、というのは少数派のような気がします。

 

しかも、新卒から上がって会社の代表者になるなんて。
しかも、14年もの間代表取締役社長として在職しているとは
本当に素晴らしい経営手腕を持っていることが分かりますね。

 

現在は、この成長著しいウェザーニューズを率いて、
沢山のメディアにも出演されています。

 


ウェザーニューズってどんな会社?

株式会社ウェザーニューズは、天気をビジネスにした

世界最大級の民間気象会社です。


千葉県千葉市に本社所在地を置き、

2003年に上場を果たしている東証一部上場企業です。

聞いたことない、って人は少ないのではないでしょうか。

 

このウェザーニューズは、「あなたの気象台」を標榜してます。

 

これは、どういことかというと、「気象庁」が出す気象情報と

差別化を図って、
個人や法人のニーズに沿った、民間ならではの細かなサービスを提供する、

といったことをしているんですね。

 

確かに気象庁が出すのは広く一般的な状況を出しているけど、
このウェザーニューズが出す情報は、
それよりもその情報に触れたい個人や法人の希望に沿ったものを

リサーチして提供するんですね。

これはかなり便利だといえます。


最近では、最高温度を更新し続ける猛暑や突然のゲリラ豪雨など、
命に関わる「異常気象」が多発していますよね。

そこから、気象情報の重要性ってとても高まっています。


だからこそ、その環境や人、法人など、
ほしい気象情報あそれぞれ違いますから、
それにあった情報を提供することが、ビジネスになる、

ということなんですね。

 

現代の状況も相まって、成長著しい企業として注目を集めています。

 

そんな企業の代表取締役社長を14年も務めている
草開千仁さんは、すごい社長なんですね。


草開千仁さんは結婚している?

草開千仁さんが結婚しているかどうか。
55歳とというお歳から、結婚されていてもおかしくはないですが、
奥さんの情報は全くありませんでした

 

数々のメディアに登場して、インタビューも受けられているものの、
プライベートな情報の公開もなく、
結婚されているのか、独身なのか、ということも
わかりませんでした。

 

業界では有名な社長さんですが、
一般の人、ということで情報公開が少ないのは、
致し方ないところですね。

 

今後情報が公開されるようなことがあれば
当ブログでお伝えしていきます。


草開千仁さんには子どもはいる?

草開千仁さんにお子さんがいるかどうか、も
結婚しているかと同様、公開情報はありませんでした。

 

お歳からお子さんがいてもおかしくはないですが、
詳しいことはわからず。

 

また詳細が分かった段階で当ブログでお伝えします。


まとめ

今回はウェザーニューズの社長、草開千仁さんについて
調査してきましたがいかがだったでしょうか。

 

敏腕経営者としては、新卒からのし上がって、
社長となった人だったことが分かりました。

 

これは正直珍しいですが、
それほどウェザーニューズが好きで、
また経営者としての才能も高かったんですね。

 

今後も天候に関して、それぞれの人に合わせて
天気に関する情報を届けてくれることでしょう。

 

今後の活躍に期待したいですね!

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

川内谷幸恵は全国的にも珍しい女性漁師!その気になる経歴や漁師になるきっかけ、家族を調査!

ウニ
2020年9月22日のセブンルール
漁師の川内谷幸恵さんが出演されます!
 
川内谷さんは、全国的に珍しい女性漁師ですが、
その活躍がたびたびメディアに取り上げられるなど、
業界的に有名な方のようです。
 
37歳から漁師になったようなんですが、
一体どんな経歴の人なんでしょうか?
 
また、どんなきっかけで漁師に?
 
結婚は?
 
子どもはいるの??
 
 
いろいろ気になったので調べてみました。
 
 
 

川内谷幸恵の経歴とは

川内谷幸恵

https://www.fujitv.co.jp/b_hp/sevenrule/index.html

川内谷幸恵(かわうちや さちえ)さんは、
1979年生まれで今年41歳になります。
北海道余市郡の出身です。
 
業界では有名な方ですが、
一般の人なのであまり詳しい情報が公開されていませんが
判明した範囲でお伝えしていきますね。
 
 
川内谷幸恵さんは、ニッカウィスキーでも有名な北海道余市で
生れ育っています。
 
高校は、女優の坂口良子さんが通った高校として有名な
小樽双葉高校を卒業しました。
 
その後、北海道女子短期大学(現北翔大学短期大学部)の保険体育
卒業しています。
 
一度結婚されたようですが、離婚。
離婚後に実家に戻られたようですね。
 
そして、福祉施設で働いていた時期があったそうです。
 
そこから、なぜ漁師になったかというと、
お父さんが心筋梗塞で倒れてしまったからなんですね。
 
大切なお父さんを一人で漁に行かせてまた何かあったら、と思ったら
一緒に漁に出ることを選択して、
2017年に実家の川内谷漁業部を継ぎ漁師になったんです。
 
大きな決断ではありますが、
幸恵さんの家族への愛は素晴らしいですね。
 
最初はやはり、収入的にも不安定だし、
家族と離れている時間も多いので、不安な気持ちもあったようですが、
今では漁師が天職だと思われているようです。
 
 
現在では、夏はウニ漁、アワビ漁を一人で行い、
冬はお父さんと2人で刺し網漁をしてカレイなどを獲っているようです。
 
ウニについては、有名な専門店からわざわざ指名買いされるというほど
絶品だそうです。
余市と言ったらバフンウニが有名ですね。
 
 
お父さんも、幸恵さんが一緒にいるから漁に出られる、と
とても幸恵さんを信頼しているようです。
 
とはいえ、最初はお父さんは船の操縦や漁具の使い方などは
全くといっていいほど教えてもらえなかったようですね。
説明だけして、「やってみろ」ということだったようです。
 
 
確かに自分で考え、経験したほうが早く身になりますが、
お父さん、シビアですね笑笑
 
 
川内谷幸恵さんは、それでも腐らずに、
自分自身で漁具の遣い方などを現場に出て覚えていったようです。
素晴らしいですね。
 
幸恵さんは、漁だけではなく
女性ならではの発想を活かして加工品についても試作しているようですので、
お目見えするのが楽しみです。
 
今は、「ポケットマルシェ」というサイトで、
幸恵さんのお魚が購入可能だということです。
 
このサイトは農家の方や幸恵さんのような漁師の方が
直接作物やお魚を出品しているようなので、
新鮮な商品を購入できるようですね。
 
しかも、出品者に直接質問ができるシステムもあるようですので、
安心して購入ができる、というのがメリットのようです。
 
出品者から商品の説明を受けて、
それから新鮮なものが購入できるのなら嬉しいし、安心ですよね。
 
 
地元の余市を今有名な果物だけの街としてではなく、
新鮮な海産物が豊富だということを他の人たちにも知ってほしく、
いろいろなメディアにも出演して、広めていく活動をしているみたいですね。
 
 

水産女子プロジェクトに参加している??

川内谷幸恵さんは、
2019年に水産庁が発足させた「水産女子プロジェクト」なる活動に
プロジェクトメンバーの一人として認定され、参加しています。
 
このプロジェクトは水産業を盛り上げていくために、
水産物の新たな価値を創造することを目的とした活動をしています。
 
勉強会も行われ、
SNSで漁業の魅力を発信し、また、イベントなども企画しているみたいです。
 
水産女子は全国で50名いますが、
北海道で登録されているのは4名とのことですので、
そのうちの一人が川内谷幸恵さん、ということになりますね。
 
ただ、現役漁師、ということになると、川内谷幸恵さんしかいないようです。
 
確かに女性で漁師、というのは珍しいですからね。
かなり貴重な存在と言えるでしょう。
 
川内谷幸恵さんもSNSなどで、
漁業の魅力を伝える活動をしているみたいですね。
 
 

川内谷幸恵さんは結婚してる?

川内谷幸恵さんは、会社員時代に1度結婚をされたのですが、
36歳の頃に離婚をされたようですね。
 
現在の恋人についてはネットでは特に情報は仕入れられなかったので、
また、情報が公開されれば当ブログで公開してきます。
 
 

川内谷幸恵さんは子どもがいる??

川内谷幸恵さんには、3人のお子さんがいるようですね。
 
2男1女のようです。
 
漁師という職業柄、お子さんたちと離れている時間が多くなりますが、
その点は、漁師になった当時の川内谷幸恵さんもそう思っていたようですね。
 
ただ、今は天職として漁師をされているようですから、
きっとお子さんたちのサポートもあったんでしょう。
 
良い親子関係が築かれているんだろうな、と思います。
 
 

まとめ

今回は漁師の川内谷幸恵さんについて調査してきましたが、
いかがだったでしょうか。
 
 
全国的にも女性の漁師は珍しいですが、
漁だけではなく、漁業全体についても考え、
多くのメディアにも出演されていることがわかりました。
 
 
本当に漁業が好きで天職と思っているんでしょうね。
 
 
今後もいろいろな方法で、漁業を広めていってくれることでしょう。
日本の漁業は厳しい状況ですから本当に心強いですね。
 
 
これからの活躍に期待したいですね!
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
 
 

 

辻本知彦は米津玄師のダンス師匠!ダンサー兼振付師としての気になる経歴を調査!

2020年9月20日の「情熱大陸」

ダンサー兼振付師の辻本知彦さんが出演されます!

 

奇才ダンサーとして知られる辻本さんは、
日本人男性初のシルクドソレイユのダンサーとなったり
また、米津玄師さんをはじめとする数々のアーティストの楽曲の
振付を担当されているんですが、
いったいどんな人なんでしょうか?

 

経歴は??

 

どんなダンスをしているの??

 

いろいろと気になったので調べてみました。


辻本知彦さんの経歴

辻本知彦

https://popnroll.tv/articles/6183/images/47723

辻本知彦(苗字はしんにょう(点1つ)の「辻」)さんは、

1977年12月10日生まれの今年で43歳になる方ですね。
大阪府吹田市の出身です。

 

小学生の頃からバスケットボールひと筋だった、ということで、
ダンスは最初からやられていたわけではないようですね。

 

世界で活躍するダンサーの多くが幼少期からダンス漬けの日々を送るのが
普通だったようですが、辻本さんは違ったわけですね。

 

ダンスにハマったきっかけは、
高校卒業前にたまたまダンスのクラブに通ったこと。
ここで踊ることに目覚めたそうです。

 

これが、18歳のときだったんですね。
プロへのスタートは周りに比べてかなり遅かった、と言えるでしょう。

 

でも、 そこからめきめきと頭角を現し、

ディズニーランドのダンサーとしてキャリアを積み、
1997年に渡米後、海外を転々としていたそうです。

 

その後、2004年金森穣さん主宰Noismに所属し、
2007年にはシルク・ドゥ・ソレイユに

初の日本人男性ダンサーとして起用されました。


シルク・ドゥ・ソレイユといえば、今は破産申請されたりして大変ですが、
所属しているダンサーは、かなりの才能を持った人たちばかり。

 

その中で日本人男性初として起用された、ということは、
それだけで辻本知彦さんが

どれほどスゴイ才能をもったダンサーであるかが分かりますよね。

 

3年間のシルク・ドゥ・ソレイユのワールドツアーに参加した辻本さんは、

この時期を「修行期間」と呼んでいます。
それだけかなり過酷だったんでしょうね。

 

そして、2011年から

『Michael Jackson The Immortal World Tour』

27カ国485公演に参加し、成功させました。
 

また、Sia『Alive』日本版のMVで土屋太鳳さんの振り付けも手掛けました。
その時には、 土屋太鳳さんが狂気を帯びた

猛々しい表現ができるようにトレーニング法や動きのイメージを

細かく指導したんだそうです。


注目なのは、米津玄師さんの振り付けも手掛けているところですね。
2016年、米津さんが初めて踊りを披露した『LOSER』で初タッグ後、

『馬と鹿』、『 『Lemon』』『感電』などのMVやライブツアーなどの

振り付けも手掛けています。

辻本知彦3

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002069.000004829.html

 

米津玄師さんからも、辻本さんは ”師匠”と呼ばれるほど

大きな存在となっているようです。


また、辻本さんも、米津さんのことは、その才能に対しては

彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている。」と

感服しているようです。


辻本さんはめったに人を絶賛することはないようですが、

米津さんとは相思相愛ですね笑笑


その他にも、

2017年には 第67回NHK紅白歌合戦の平井堅さんの『ノンフィクション』RADWIMPSの『カタルシスト』

子どもから大人まで日本中を巻き込んだ

『パプリカ』の振り付けを菅原小春さんと共作したり、
さらにはCMやミュージカル舞台、ツアーのなど幅広い分野での

振り付けも手掛けていて、今やいろいろな方からの引き合いで引っ張りだこ。


新たな魅力を引き出す振付をすることができる振付師であるとともに、
圧倒的な存在感を放っているダンサーとなりました。

 

現在は、数々の有名アーティストからオファーを受け、

著名なタレント、ダンサー、シンガーにもダンス指導・振付を

担当しています。


2020年8月に、俳優の森山未來さんらとともに

パフォーマンスユニット「きゅうかくうしお」を立ち上げました。

辻本知彦2

https://www.oricon.co.jp/news/2149197/photo/1/


このコロナ禍で劇場での上演機会が減っていますが、

空間という““さえあれば、そこで何かできるのではないか、
と以前から考えていた、とのこと。

 

ユニットのメンバーの一人が持つ山を自身たちで開拓し、
そこに“場”を作り、自分たち自身の手でフォーマンスを行う、

ということをするようです。

 

今回の情熱大陸では、その内容を主に紹介するようですので、
楽しみですね!


辻本さんのダンスの特徴は??

辻本知彦さんのダンスをコンテンポラリーダンス

位置付けるのが正しいのでしょうか。

 

あるときは、ほぼ顔を見せることなく、背面で見せるダンスを、
あるときは、日本人離れした表現力と恵まれた柔軟性で、

とてもセクシーなダンスで、観る人魅了します。

 

身体と心の赴くまま、
指の先、髪の毛1本1本まで踊る」とよく言われるように、

躍動感あふれ、生命の輝きのような、暗い世界にも
そのダンスで明るくしてしまう、
そんなダンスをされるので、立っただけでその存在感が違いますね。


もし辻本さんのダンスを観たことがなかったら、

一度は観ることをお勧めします。

一度観たらハマりますよ!


まとめ

今回は、米津玄師さんはじめ、有名人の振り付けを行う
辻本知彦さんいついて調査してきましたがいかがだったでしょうか。

 

圧倒的な存在感を持ち、ご自身がダンサーとして踊られるのも、
他の人の振り付け作業をしても、
どちらも独特のうごきで人を魅了する素晴らしい表現者だということが

わかりました。

 

今後もそのダンスや振り付けで人を感動させてくれることでしょう。

 

今後の活躍に期待したいですね。

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

粟田貴也は丸亀製麺の運営会社社長!気になる経歴や家族、年収を調査!

2020年9月17日放送の「カンブリア宮殿」に

トリドール ホールディングス社長 粟田貴也 さんが出演されます!


粟田さんは、一代で巨大うどんチェーンの「丸亀製麵」を

築き上げたことで有名な人ですが、いったいどんな人なんでしょうか?

 

経歴は??

 

周りの家族はどんな人たち??

 

年収はどれくらい??

 

いろいろと気になったので調べてみました。


粟田貴也さんの経歴

粟田貴也

http://www.leaders-award.jp/2018/entryag2zb.html

粟田貴也さんは、1961年10月28日生まれ。今年で59歳になりますね。
兵庫県神戸市の出身です。

 

神戸市の出身ではありますが、その後加古川市へ引っ越しされたようですね。
お父さんのお仕事のご都合でしょうか。

 

そのお父さんですが、警察官をされていたそうです。
でも、粟田貴也さんが中学1年生の頃に

くも膜下出血で亡くなられてしまいます。
中学1年生でお父さんを亡くすのはとても辛かったでしょうね。


その後、病弱だったお母さんがパートなどして生活していたそうです。
粟田貴也さんには、お兄さんがいて、

そのお兄さんと学費免除の手続きなどもしましたが、
非常に貧しい暮らしをしていたようで、遺族年金で食いつないだ、と
あるインタビューで話をされていたようですね。

 

美味しいものを腹いっぱい食べたい」という想いを持っていて、

街中の安い定食屋さんでの家族での食事が楽しみだったみたいです。


そんなか、中学では、バレー部に所属し生徒会長なども務めたようです。

 

それでも、貴也さんは成績優秀だったようで、
バイトなどで食いつなぎながら、名門と言われる県立加古川東高校に入学
生徒会長などもされたようで、人望も厚かったみたいですね。

 

加古川東高校を無事に卒業されてた後、大学は、
神戸市立外国語大学に入学しています。

 

大変な生活をしながら、しっかりと大学にまで進学するなんて
本当に努力されてきたんでしょう。

 

ただ、この大学は、中退しています。
理由は、大学入学当初から、社会人になったらサラリーマンとしてではなく、
自分の会社を起業したい、とう想いを漠然ではあるものの持っていて、
大学時代にアルバイトをした喫茶店で外食産業に興味を持ったことで

目標ができたのですぐに中退をしたそうです。

かなりの行動力ですね。
自分の理想に向かうためにはこの行動力は必要でしょう。

 

起業するまでは、佐川急便のセールスドライバーをして資金を貯め、
23歳の時に故郷の加古川市に「 Yakitori Tori doll 3番館」

オープンさせました。
これが貴也さんの起業第一号なわけですね。


この「Yakitori Tori doll」ですが、

加古川市に3店舗オープンさせたようです。


その後にファミリー層を中心とした 「和風焼鳥ファミリーダイニング

(現在の「とりどーる」)を展開しています。
初めての起業なのにかなりの成功ですよね。

 

この展開と並行して、2000年に「丸亀製麺」第1号店を加古川市に

出店したんです。
これが、現在の快進撃の起点となる第一歩ですね。

 

でも、2003年から2004年に猛威を振るい始めた、

鳥インフルエンザが社会問題化しはじめたことをきっかけに、
その後本格的に「焼き鳥事業からうどん事業」にシフトさせました。


このシフトは、外部的な要因ではあったものの、

その後のこの規模を考えると、
その時点で、何か導かれることがあったんだろうと思います。


その後、どんどんと店舗を拡大していき、2006年に東証マザーズへ上場
そして、2008年に東証第一部へ。

2011年には、丸亀製麺ワイキキ店を出店
海外進出第一号でした。

 

その後、海外進出も順調に進み、2012年にはタイ、中国、
2013年に香港、ロシア、インドネシア、台湾、シドニー
そして、2017年はフィリピンとロサンゼルス、と増えていきました。

 

東南アジアだけではなくロシアやオーストラリア、アメリカなど
多くの地域に進出していますね。


丸亀製麺は、味自体は極力日本と同じものを、
人材と材料については、現地調達、というような戦略だったことが
うまく行った要因かもしれませんね。

 

功を奏した経営戦略のおかげであることが伺えますが、
現在は世界30ヶ国・地域に1600店舗以上を展開させています。

 

粟田貴也さんの家族とは

粟田さんの家族は、奥さんに、お子さんが3人(2男1女)
計5人家族のようです。

以前の一時期は、奥さんと次男で一緒に住んでいたようです。

 

奥さんは幼馴染の方のようですが、
詳細はわかりませんでした。

 

お子さんも人数のことについてはわかりましたが、
その他の詳細は公開情報がありませんでした。

 

凄腕経営者の奥さんやお子さんですから、
情報を公開していたら危ないですよね・・・。

また何か情報が出てきたら当ブログでお伝えしたいと思います。


粟田貴也さんの年収は?

粟田貴也さんの年収は、

会社の売り上げ額的にそれは凄まじいものがあると思いますが、
残念ながら公開はされていませんでした。

会社の取締役の報酬額から、
おそらくは数千万円以上の年収があると見込まれます。

いずれにせよ、その働きに見合った年収があるでしょう。

オーナーですから、資産もすごいでしょうね。


まとめ

今回は、丸亀製麺を運営する会社トリドールホールディングスの社長
粟田貴也さんについて調査してきましたがいかがだったでしょうか。

 

お客さんに感動を与えることで、
絶大な信頼を得る、という経営手法を持つ粟田貴也さん。

 

原動力は若いころ辛かった時に思った、
美味しいものを腹いっぱい食べたい」という想いだったようですね。


今のこのコロナ禍で外食産業は大きな困難の時代を迎えていますが、
そんな中でもお客さんから絶大な信頼を得て健闘しています。
これは以前の想いをしっかりとご自分の店舗に

反映させているからでしょうね。

 

どのような戦略で今の困難を乗り越えるのか、というところが
今回のカンブリア宮殿出演で語られるようです。

 

楽しみですね!


今後の活躍にも期待大です。


最後までお読みいただきありがとうございました。

伊勢谷亜耶子は不動産メディア「カウカモ」編集長!気になる経歴や結婚しているかも調査!

不動産メディア

2020年9月15日フジテレビ「セブンルール」に

不動産メディア「cowcamo」(カウカモ)編集長である

伊勢谷亜耶子さんが出演されます!

 

このカウカモ、中古建築物件で、編集者たちが良いものを選んで紹介する、
不動産流通のメディアなのですが、
中々の人気で、いろいろなメディアに取り上げられているんですね。

 

その編集長として活躍する、伊勢谷さんは、
いったいどんな人なんでしょうか?

 

そもそもなんでこの業界で編集長になったの?

 

結婚してる?

 

いろいろ気になったので調べてみました。

 


伊勢谷亜耶子さんの経歴

伊勢谷亜耶子

https://www.asahi.com/and_w/20180405/35363/

伊勢谷亜耶子(いせや あやこ)さんは1985年生まれで、

今年35歳になる方ですね。
出身地は調べても出てきませんでした。
宅地建物取引士の資格を持っています。
アンティークの服や雑貨、昔ながらの喫茶店など古いものが

お好きとのことですよ。

 

一般の方ですから公開情報が少ないですね。
今後公開された際には当ブログで紹介していきます。

 

小学生の頃から建築に興味があったようです。

小学3年生までは、お父さんの仕事のご都合で、
オーストラリアに住んでいたようで、
帰国後、おばあさんが住んでいた、

東京三鷹市のお家を建て替えようとしたことが、
興味を持つきっかけだったようです。

 

注文住宅だったので、間取りや壁紙など一つ一つ決めていくのが

楽しかったんですね。
ご両親と一緒に打ち合わせについていくこともあったとか。


その後、桐朋女子中学に進学。

その中学生の頃に、「理想の家を描きましょう」という課題が出て、
その課題を提出したら、優秀賞に選ばれたんだとか。
その時に描いたのは、ひょうたん型のお風呂がある大きな家。
一時期その絵が学校の廊下に張り出されていた時には
自分には建築の才能があるんだ、と思ったとか。

 

でも、優秀賞なんてもらったらそう思のも当然ですよね。


そして、高校は、桐朋女子高校に進学。
中学も桐朋女子中学だったので、

エスカレーター式の学校だったんでしょうね。
高校でも、この家に対する気持ちは変わりなかったようです。


高校卒業後は、
慶應義塾大学環境情報学部に進学します。

そこで、建築を学びます。

ただ、もちろん家に対する気持ちは強かったものの、
そこにいる同級生たちの、建築士になる、という熱量には追い付かず、
自分は人生をかけて設計の道に進もうとは思わなくなったようです。

 

しかもいろいろとサポートしてくれたご両親に負担を掛けたくない、

という気持ちもあり、就職の道を選びます。

目標に対する気持ちは人それぞれですから、
進路の変更は当然ありますよね。


そして、大学を卒業し、

首都圏中心にマンション開発をするディベロッパーである

株式会社コスモスイニシアに入社します。


入社後は、思い描いた花形の営業部ではなく、

新築分譲マンションの営業サポート業務に従事。
契約書やDM作成を担当しますが、それにやりがいが

あまり見いだせなかったんだとか。

 

ただ、入社して2年目に転機が。湾岸に立つ物件を早期完売する、

という会社を挙げての各支店の精鋭が集まるプロジェクトに
招集されたときは、唯一やりがいがみつけられたものの、
その会社の業績が悪くなり、会社を離れるか残るかの決断を迫られます。

 

それと同時に、次第に「人の数ほど住まいの在り方はあるはず」という

想いが芽生えてきて、
住まいの多様性を提案できるリノベーション業界への転職を決意します。

そして、当時中古物件の仲介やリノベーションデザインの事業で

注目を浴びていた株式会社ブルースタジオに入社。
伊勢谷さんが25歳の頃です。


そこで対個人向けの売買仲介営業を多数経験し、
家での生活が豊かになれば、その人の人生はもっと豊かになる
という今でも心にとどめていることを学んだそうです。


その会社に4年半ほどいて、物件探し、仲介のスキルを、

より多くの人の住まい探しに役立てたいと思い、
日本のストック型社会に新たな波を起こすべく、
株式会社ツクルバに転職。

前職での中古流通で培った経験を活かし、
現職であるこの会社で

中古住宅の流通プラットフォームcowcamo(カウカモ)の

立ち上げメンバーになります。

 

立ち上げ当初は営業・取材・撮影・ライティング・編集を

すべて行うなど活躍し、
現在では『カウカモ編集長』を務められています。

 

このカウカモは多くのメディアに注目されており、
今回のセブンルールへの出演となりました。


cowcamo(カウカモ)ってどんなサイト?

伊勢谷亜耶子

https://cowcamo.jp/magazine

この「カウカモ」というサイトは、

伊勢谷亜耶子さんの理想を形にしたサイトなんです。

 

「カウカモ」はリノベーション済み物件の中から、
伊勢谷さんやカウカモスタッフの方々が「これはいい!」と思う物件だけを

厳選した、いわばリノベーション物件のセレクトサイトなんですね。

 

新着物件としては毎週150軒ほど出てくるそうなんですが、
その中からサイトに掲載するのは10~15軒ほど、ということで
一般的な不動産メディアに比べるとかなり厳選されています。

 

なぜここまで厳選しているかというと、
見に来る人や仲介する側、両方の時間の無駄とならないようにすること。

 

その想いから、写真もたくさん載せるし、
物件の不利と思われる部分についても包み隠さず紹介する、
というスタンスを取られているようです。

 

これは、真剣に物件を探している人にとってはとてもありがたいし、

助かりますよね。
良いと思って問い合わしたら全くイメージと違ったなんてことも多くあるのが
不動産物件探しの怖いところですから・・・。

 

探す人、提供する人どちらの人にも便利で使えるサイト。

伊勢谷さんも、


丁寧さと透明性を失わずに、ユーザーフレンドリーであること。

それが「カウカモ」の目指すところで、私自身の一貫したスタンスでも

あるんです。


「カウカモ」はそんな街やそこに暮らす人々の温度まで伝えられる

メディアでありたい。


と以前のインタビューで言われていました。

まさにそれを体現できるサイトですね。

 

中古物件で、自分の理想の物件を探している人は
一度サイトに訪れてみるといいと思いますよ。

 

伊勢谷亜耶子さんは結婚している?

伊勢谷さんはご年齢的にもご結婚されていてもおかしくはないですが、
いろいろと調べても詳しい情報はありませんでした。

 

業界では有名な編集長でも、
やはり一般の人ですから残念ですがしかたないかもしれませんね。

 

でも、こんなに素敵なお仕事をイキイキとされている方ですから、
今もこれからもプライベートも充実されていることと思います。

 

まとめ

今回は、不動産メディア編集長の伊勢谷亜耶子さんについて
調査してきましたがいかがだったでしょうか?

 

不動産、特に家についての興味を子どもの頃から持ち、
今のお仕事につなげて理想を追求する伊勢谷さん。

 

これからも家を探す人、提供する人のどちらも幸せになれるサイトを

これからも運営して
幸せな笑顔が沢山作られるようにしてくれるでしょう。

 

今後の活躍に期待したいですね!


最後までお読みいただきありがとうございました。

魚ちゃんの占いは超激辛だけど本当に当たる?気になる経歴や占い方法も調査!

激辛占い師として有名として各メディアに出演している、
占い師の魚ちゃん

 

苛烈なアドバイスが受けているようなのですが、
いったいどんな方なのでしょうか?

 

また、占い手法は?

 

本当に当たるの??

 

気になったので調べてみました。


魚ちゃんの経歴とは?

魚ちゃん

https://uranai.nifty.com/uranaishi/uranaishi000322/

生年月日等の詳細情報は、占い師という職業柄からか、
公開されたものはありませんでしたが 、調査したところ、

本名は魚繎煕(어 연희、オ・ヨニ、Eo Yeon hui)というそうです。
本名に「魚」の文字が入っているので、魚ちゃんなわけですね。

 

これ以上の詳細情報が入りましたら、

何か判明したら当ブログでお話していきます。

 

魚ちゃんは韓国出身の方です。
韓国出身の占い師が日本で人気が出た、という話はあまり聞かないので、
魚ちゃんくらいなのではないでしょうか。

 

占いと言ったら中国を思い浮かべますが、
韓国占いもなかなか的中率が高いようですよね。

 

子供の頃から霊感があり、学校で友人などを占っていたそうなんですが、
当たるという噂が学校中に流れ、その頃から占いに興味を持ち、

独学で勉強するようになったようです。

 

韓国から日本に来て、東京都新宿区新大久保で
韓国料理店「三姉妹+1」を始めました。

 

そこに来るお客さんに無料サービスとして占いを始めたそうですね。
なので、占いだけをするサービスはしていなかったようです。
あくまでも、料理店のお客さんへのサービス、ということだったんですね。

 

このときは、1日に100人以上のお客さんを占っていたそうです。
今までに占った人数は3万人を超える勢いで、
人気が出てからもお店の占いでお金をとることはしなかったようです。
ただ、占いは予約制で1日35組までで、一人3000円以上の飲食が条件でした。

 

そのころから、 鑑定結果は良いことから悪いことまで、

はっきりと伝えてアドバイスをする、歯に衣着せぬ物言いで

辛口アドバイスをされる、

「運命激辛鑑定士」として占いをするスタイルが受けて、
テレビ等の出演が増えているようです。

現在は、この「三姉妹+1」は閉めているので、
主に占い師として活動されているようですね。

 

銀座の魚ラウンジというところで、占いをされているようです。

ネットのサイトで占い対面鑑定の予約ができるようになっています。

 

魚ちゃんの占い手法とは?

魚ちゃんの占い手法は、
生年月日と干支、氏名、性格を観て、相談者の運勢を読む占術。

その場にいない相手との相性も分かるようで、
また、オーラがよく見えている、と相談者から絶賛されていますね。

 

干支を使った占いというのは、

日本ではあまり聞かない独自のスタイルですが、
仕事運、金運、恋愛相性や将来についてまで何でも

占うことが出来るというからスゴイですよね。

 

そして、占い方は、本当にパッと相談者の方を観ただけで

占い結果が出る、というほど、
占いが早いんです。

本当にパッとみるだけでこんなにわかるの??っていうくらい早い、と、
実際に観てもらった人からは驚きの声があるほどだそうです。


もちろん、激辛だからというのは、

当たらない不幸な占い、ということではありません。

相談者が本当に必要なことをあえて言うから、激辛になってしまうんですね。

当たり障りのないことを言う占い師の方もいらっしゃいますが、
せっかく占いをしてくれたのに、そんなことを聞いても
あまり満足はできないですよね。

 

ダメなことがあればはっきりとダメと言ってくれる。
鑑定をするのと同時にアドバイスもしてくれるのが、
嬉しいです。

 

そういう占いだからこそ、魚ちゃんは激辛、と言われながらも
相談者が後を絶たない人気占い師、というわけなんですね。

一言でいうと、信頼できる占い師さんなんですよね!


魚ちゃんの占いはよく当たる??

なんとなく、お名前が「魚ちゃん」ってなると、
もしかしたら占いは当たらないんじゃない??って思うかもしれませんが、
全くそんなこともありません。
すごくよく当たる、という評判です。

 

その証拠にこの魚ちゃんは、テレビ等のメディアに出演依頼が目白押し、

というくらい
本当によく当たるんですよね。

 

女性が自分の恋の成就を願って、
どうしたらうまく行くのか、ということを
しっかり占ってくれて、同時にくれるアドバイスのとおりにすると、
格段に的中率が上がって幸せになれるようです。

 

もちろん、男性の相談者の方もいらっしゃいますが、
占いサイトでは恋愛系の占いメニューが多いようです。

口コミも女性が多いですが、
ビックリするほど当たるし、ズバッと言ってくれるところが
皆さん好感が持てるようですね。

 

まとめ

今回は、高い的中率を誇り、大人気の魚ちゃんを
調査してきましたが、いかがだったでしょうか。


韓国出身の占い師ということで、
経歴はかなり珍しいですが、
歯に衣着せぬ物言いで、
その相談に本当に必要なモノを伝える、という
スタンスなんですね。

 

きっと今後もよく当たる占いで、占われる人の運命を
より良いところに導いてくれることでしょう。


今後の活躍に期待したいですね!


最後までお読みいただきありがとうございました。

別所由加は日本最後のハリケーンランプ職人!アラジンの魔法のランプも作った!?気になる経歴を調査!

2020年9月13日のTBS情熱大陸

ランプ職人の別所由加さんが出演されます!

 

このコロナ禍で、今、巷では空前のアウトドアブームですよね。

アウトドア、といえばキャンプですが、
このキャンプの夜には欠かせないのが『ハリケーンランプ』。

 

どんなに凄い嵐の中でもその灯された火が消えない、とうくらい
すごランプなのですが、
別所さんは、日本で唯一といっていい

このハリケーンランプの国内最後の職人さんなんです。

 

いったいどんな経緯でこの職人さんになったのでしょうか?

 

そもそもハリケーンランプって何?

 

アラジンの魔法のランプも作ったってほんと??

 

気になったので調べてみました。


別所由加さんの経歴は

別所由加5

https://www.asahi.com/and_M/20181115/271597/

別所由加さんは、1988年生まれで今年32歳になる方ですね。
大阪府の出身です。
趣味は映画鑑賞。

プライベートではアウトドアに興味がない超インドア派だということです。


1924年創業の老舗ランプメーカーを家業とする

別所家の子どもとして生まれました。

 

でも、その当時のランプから電気への転換から、

ランプが生活必需品ではなくなってきたあおりを受け、
2003年、由加さんが小学6年生の頃に家業の会社

「別所ランプ製作所」が倒産


いきなり会社も家も失われたそうです。


実はこの別所製作所は日本で最後のランプ屋とされていたようで、
その後、由加さんのお母さんの二三子さんが会社を立て直すために

奔走していました。

 

一年後の2004年にはなんとか会社が復活し、

2007年に「WINGED WHEEL」という新たな社名で再起しました。

 

由加さん自身もお母さんと一緒に勉強のために

商談の場に連れていかれたりしたようですが、
家業を継ぐとはこの時には考えてもいなかったようで、
中学・高校と音楽(特にドラム)に打ち込まれていました。

 

高校時代は100人以上の軽音部を束ね“伝説の部長”と崇められていたようです。
100人以上束ねる部長とは、上に立つ素質がある方なんですね。

 

そして、大学も音楽を学ぶために 大阪芸術大学に入学

 

でも、2011年、由加さんが大学2年生、20歳の時に転機が訪れます。

 

WINGED WHEELのランプ作りを支えてきてくれた職人さんが

急死してしまい、
貴重なハリケーンランプの作り手がいなくなってしまったことから、
何が起きても弱音を吐かないお母さんの『もうダメかも』という言葉を聞き、
『そんなら私がやったる』と思い、周りの反対を押し切り、

大学を中退されたそうです。

 

当時は音楽を真剣に学んではいたけれど、

人生のすべてを捧げられると思っていなかったところに
こんなことが起き、つらい思いまでして、

お母さんが守りたかったハリケーンランプを

どうにか残したいという思いが勝ったんですね。

 

大学を辞めてからは、一日中工場に張り付いて、ランプ制作を学ぶ毎日。

でも、最初は職人さんに相手にされなかったようです。

 

ランプ制作については、職人さんの口伝が一般的だったようで、
何のマニュアルも残っていなかったそうです。

観て覚えろ」という職人気質でした。

 

そこで、由加さんは一つ一つの工程を確かめながら、
まとめていくところから始められたようです。
そして、作られたノートは60冊以上
大変な作業でしたね。

 

ただ、由加さんは、負けん気が強かったのか、
自分であればできる」と信じて頑張れたんだそうです。

 

今でもまだ工程的には80%程度の再現ということですから、
ハリケーンランプの奥深さが伺えますね。

 

由加さんは、右も左も分からない状態からランプ作りを学び、

7年前の2013年に5代目を受け継ぎました

 

2014年ころにさらに由加さんを襲ったのが、

重要な金型が壊れてしまっていて
部品がつくれなくなってしまっていたこと。

 

これを作り直すのに一つ30万円程度かかるのに、
作り直しが必要な金型は30台も・・・。

 

でも、これを乗り越えたのはクラウドファンディング
これで250万円ほど集まり事なきを得たのだとか。

 

クラウドファンディングで資金を集めるとは、
まさに現代的ですよね。
以前の職人さんだけだったら、

もしかしたらこの発想はなかったかもしれません。


そしてさらに転機が訪れたのが、2017年
技術的に頼みの綱だった、工場長が他界されたんです。

別所由加2

https://www.lmaga.jp/news/2019/06/68564/?cv=p#photo3

 

それからは一人でこの難しいランプ制作を行ってきた由加さん。
何か問題があるときでも一人で考え、

誰にも相談できないという状況になってしまいましたが、
それでも困難に立ち向かってそれを克服してきた由加さんは、
今もハリケーンランプの完成形を目指してランプ制作を続けています。

 

今ではこの由加さんが作るWINGED WHEELのランプは

予約待ちのお客さんが年々増加、
入手までに1年を待たなければならないほど大人気となっています。

 

「ブームはいつか終わる」と最近は新作ランプの試作にも

打ち込んでいるそうです。


ハリケーンランプって?

別所由加3

https://www.lmaga.jp/news/2019/06/68564/?cv=p#photo1

別所由加6

https://www.asahi.com/and_M/20181115/271597/

ハリケーンランプは嵐の中でも、一度灯されれば簡単には消えることは無く、
7~8時間は光が持続するようです。

 

日本製のハリケーンランプは、由加さんの曽祖父の留吉さんが、
外国製のランプを10年も研究して作り上げたものだそうです。

 

完成して、「WINGED WHEEL」という商品名で
国内だけでなく国外にも輸出され、人気を博しました。
今の由加さんの会社名はこの商品名からとったんですね。

 

形はすでにこの時完成されているので、
現代の由加さんが作るランプも形は変えないんだそう。

 

そして、そのランプを作る機械も、昔からのもので、
新しく変えないのだといいます。

 

機械というよりも人という感覚が強く、
文句を言うと次の日動かないんだとか笑笑

 

確かに、そうなるともう機械とは言えないですよね。

 

工程が300もあるランプ制作は、本当に作るのが大変ですが、
出来上がったものを観るのは嬉しいし、美しい、と由加さんは思うそうです。

 

手塩にかけた子ども、のような存在なんでしょうね。

 

アラジンの魔法のランプも作ったってホント??

2019年にディズニー映画、実写版「アラジン」をモチーフにした
オリジナルの「魔法のランプ」の制作を依頼され、作成されたようです。

別所由加さんが デザインから型起こし、

塗装まで、そのすべてのプロデュースをし、
ランプの塗装は、大正5年から続く吉田着色代表の吉田忠司さん。
若い職人たちの手で完成しました。

別所由加4

https://www.lmaga.jp/news/2019/06/68564/2/

本当にジーニーが出てきそうなランプですね笑笑

映画公開中は、いろいろな映画館で展示がされたようですよ。


まとめ

今回は日本で唯一のランプ職人、別所由加さんについて
調査してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

今では、日本最後の職人として頑張っている由加さんですが、
ご自身の家の会社が倒産したときには、
なんで、こんなにいいものが消えないといけないんだ、

と本当に怒りに震えたとか。

 

その怒りの炎が今もあるし、これからも消えないから、
今後もこのランプを作り続けていける、と言われています。

 

これからもずっとこの素晴らしいハリケーンランプを
届けていってくれることでしょう。

 

今後のご活躍に期待したいですね!

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

澤田英雄(HIS会長兼社長)の経歴が気になる!年齢や家族、所有豪邸についても調査!

2020年9月10日「カンブリア宮殿」

エイチ・アイ・エスの会長兼社長澤田英雄さんが出演されます!

 

日本のベンチャーの草分けとして有名な

日本の経済界を代表する経営者
澤田英雄さんですが、常に逆境を乗り越えてきた、というくらい
これまで波乱に満ちていたようです。

 

一体どんな人なのでしょうか?

 

また家族はどんな人たち?

 

いろいろと気になりましたので調べてみました。

 

澤田英雄さんの経歴とは

澤田英雄

https://business.nikkei.com/atcl/report/16/070600229/091300016/

1951年2月4日生まれで、今年69歳ですね。
大阪府出身です。
ボールペンを集めるのが趣味で、1,000種類もあり、

なかには数百万円もする万年筆もあるんだとか・・・。


パソナの南部靖之さん、ソフトバンクの孫正義さんとともに

ベンチャー三銃士と称されています。

 

大阪市立生野工業高等学校を卒業後、
1973-1976年まで、旧西ドイツ・マインツ大学に留学されました。

 

この留学中に、アルバイトで稼いだ資金を元手に、
ヨーロッパ、中東、アフリカ、南米、アジアなど50か国以上を

旅行されたようです。

 

この旅行で肝炎にかかってしまったのですが、
このまま死んでしまうとしたら、もっとたくさんやりたいことを

やっておけばよかった、と感じたそうで、
それからは「やれることはなんでもやる」という考えをもったようです。

確かに生死をさまようような経験をされたなら、
このように思ってしまうでしょうね。


帰国後、1980年に上京し新宿西口に旅行会社

「株式会社インターナショナルツアーズ」を設立しました。

 

でも、実は当初は好きな旅行を仕事にしたくない、という想いもあり、
毛皮の輸入販売を手がける予定であったようなのですが、

その当時ワシントン条約により頓挫し、業態変更して
日本人が海外に安く行けるように模索していったのだそうです。


この会社では、海外に安く行くため、格安航空券販売を中心に、

航空券とホテルを組み合わせた個人旅行、
パッケージ旅行の販売を手がけました。

 

最初のヒット商品である「インド自由旅行」は、

発売時には「インド説明会」という名称だったようですね。


有益な旅情報を提供することで、

旅行好き仲間に口コミで徐々に広がっていったそうです。
口コミは昔から強いですからね。
上手く波に乗ったのでしょう。

 

1990年、社名を株式会社エイチ・アイ・エスに変更しました。


エイチ・アイ・エスの社名の「エイチ」は名前の『秀(雄)』を

指しています。
そして、「アイ・エス」は『インターナショナル・サービス』を

略したものであるようです。

その為、中国語では「秀国際」と表記されるのが面白いですね。

ただ、このエイチ・アイ・エスは、

公式には「Highest International Standards」とされています。


1993年に東京都の新宿南口に「トラベルワンダーランド」を

オープンさせました。
ここは、ワンフロア1077平方メートルと国内最大規模の広さで

話題となったところですね。

 

1995年には、株式を店頭公開させ、上場企業の仲間入りを果たしました。

 

続く1996年にはオーストラリア・ゴールドコーストに同社初の国際ホテルである
「THE WATERMARK HOTEL, GOLD COAST」をオープンさせます。


このことで、本格的にホテル業に進出すると同時に、
35年ぶりの定期旅客輸送の新規参入航空会社となる

「スカイマークエアラインズ株式会社」(現スカイマーク株式会社)を
設立させました。


安くいくためには、既存の航空会社を使うだけでは限界があると

考えたんでしょうね。
それにしても、その先の航空会社を作ってしまうとは

理想を実現させるための行動力がスゴイですね。


1999年、協立証券(エイチ・アイ・エス協立証券に改称、現・エイチ・エス証券)の株式を取得して、
その代表取締役に就任しています。

 

2007年、エイチ・エス証券株式会社は持株会社制へ移行し、

澤田ホールディングス株式会社としました。

 

2010年4月より、

18年連続赤字だったテーマパーク「ハウステンボス」の社長に就任し、
半年で黒字に転換させました。


18年赤字だったものを1年もかからず黒字転換って

普通には考えられないです。
すさまじい経営力ですね。


2012年8月16日、九州圏内で活動する九州忍者保存協会が、
知名度を高めて活動に弾みをつけようと、名誉頭目の大将軍職を設け、
初代に澤田秀雄さんが選ばれたのですが、
澤田さんはこれについて「九州観光を盛り上げるため快くお引き受けする」と述べ、就任を承諾しました。


この心意気はなかなか無いですよね。
その裏にはいろいろな計算もあったかもしれませんが、

すぐさま引き受ける懐の広さが素晴らしいです。

 

2014年8月にはハウステンボスグループとなった

ラグーナテンボスの取締役会長に就任し、
2019年5月21日、ハウステンボスの社長を退任、取締役会長となりましたが、
2019年12月20日、ハウステンボスの取締役会長を退任しています。

 

今はこのコロナ禍でエイチ・アイ・エスが空前の経営難となっています。
なんといっても、海外旅行売り上げ90%減となっている模様で、
上場以来初めての赤字となってしまってます。

 

ただ、澤田さんはこの逆境をもはねのけるため奔走しているようです。

今度のカンブリア宮殿で、この状況での澤田さんの戦い方が

紹介されるようです。

楽しみですね!


澤田英雄さんのご家族もスゴイ!

澤田さんのご家族は奥さんとお子さんがお二人(娘さんと息子さん)が

いらっしゃいます。

 

澤田英雄さんは凄腕の経営者ですが、
実はそのご家族も事業の経営者のようですね。

 

経歴を調べてみましたがご家族も凄いようです。

 

実は澤田英雄さんのお父さんお母さんも事業をされていたようで、
澤田さんはご家族で事業家の家系と言えるようです。

 

まずは奥さんですが、
まゆみさんという方と結婚されています。


有楽町にあるクルーズを中心とした旅行を扱う
エイチ・アイ・エスののグループ会社

「クルーズプラネット」の取締役会長をされています。


このクルーズ旅行は格安のものもあるようですが、
富裕層をターゲットにしたコースも有るようです。
クルーズ旅行は時間もお金も多く必要なイメージがありますが、
一度は行ってみたいですよね。


このクルーズプラネットを設立したときは、

自宅の3坪のスペースを事務所にしていたそうです。


現在は全国に9つの支店を持つまでに育て上げていますので、
奥さんも素晴らしい経営者ですね。

 

長女は米山実香さんという方で、
1978年生まれですので、今年43歳ですね。
名字が違っているので結婚なさっているようです。

2002年に株式会社エヌ・ティ・ティ・データに入社、
2005年には株式会社ベストワンドットコムを創業し、

代表取締役社長に就任しています。
2012年には同社取締役となっていますが、

企業経営をなされているようですね。


長男は秀太さんという方です。
生年月日は1981年ですので、今年39歳ですね。
 
学習院大学を卒業後、

2005年に日興コーディアル証券株式会社

(現SMBC日興証券株式会社)入社し、
翌年2006年には、お父さんの会社である

株式会社エイチ・アイ・エスの取締役に就任しています。


そして、2012年には、お姉さんの実香さんが創業された

株式会社ベストワンドットコムの代表取締役社長に就任しています。
お姉さんと交代した形ですね。


そして、2016年に株式会社ファイブスタークルーズの

代表取締役会長となっています。

ファイブスタークルーズは創業してから無借金で黒字経営のようです。
息子さんも素晴らしい経営者、ということですね。


澤田英雄さんの家もスゴイらしい!

澤田秀雄さんのご自宅は東京都渋谷区の一等地にあるようです。
さすが、凄腕経営者に見合う立地、といったところでしょうね。

 

もちろん、厳重な警備が敷かれていて、家の中はパーティルームもあり、
大事な要人のおもてなしにも使われるそうですよ。
たしかに、素晴らしい豪邸なら、おもてなしにも使えますよね。


ご自宅の地下は全て本が収容されており、

まるで大きな図書館みたいだということです。


豪邸というのもすごいですが、
地下が全て本収納とは。
デキル人はやはり読書してますね。


まとめ

今回は、日本を代表する凄腕経営者、
エイチアイエスの澤田英雄さんについて
調査しましたが、いかがだったでしょうか?

 

逆境に強くどんなに絶対絶命でも、
倒れずに活路を見いだせる澤田さんは
本当に素晴らしいし、
今辛い人には大きな励みになりますよね。

 

このコロナ禍の状況からもまた、
しっかりと復活してくるでしょう。

 

今後の活躍にますます期待したいですね!

 


最後までお読みいただきありがとうございました。